マグロの漬け方は簡単!美味しいやり方をいろいろマスターしよう!

みんな大好き、人気のマグロ。

そのままお刺身で食べてももちろん美味しいのですが、ちょっとひと手間かけて「漬け」にすると、ごはんのお供にも酒の肴にもピッタリ。

そんな漬けマグロの美味しい作り方をご紹介いたしますネ。

マグロの漬け方は3通りある!

材料は赤身のマグロです。家計にもやさしい赤身のマグロを、さらに美味しくしましょう。旦那さんにも喜ばれますヨ!

まず、マグロの漬けを作るやり方としては、醤油漬けの場合「サク漬け」「切り漬け」という方法があります。

「サク漬け」とは、マグロをサク(スーパーなどで売られている、お刺身にする前の長方形の状態)のまま漬け込む方法。「切り漬け」は切り付けをした状態で漬け込む方法です。

もう一つのやり方は、あまり一般的ではありませんが、マグロを塩で漬け込む「塩マグロ」というものがあります。

醤油漬けよりもさっぱりとしていてマグロ本来の味が楽しめる、夏にお勧めの食べ方です。

 

では、それぞれのやり方をご説明して行きましょう。

 

マグロの醤油漬けの作り方

まずは、「サク漬け」のやり方からご説明します。

1 煮切り醤油を作ります。

醤油・酒・みりんを8:2:2の割合で鍋に入れひと煮立ちさせてアルコールを飛ばし冷ましておきます。かつお出汁を加える人もいますが、マグロ本来の味を活かすため私は入れていません。

 

2 鍋にお湯を沸かし、氷水をボウルに準備します。

 

3 マグロを鍋に入れ湯通しします。時間は策の大きさによってですが、5~10秒で表面の色が変わる程度にします。

 

4 すぐに冷水に入れ中に火が通らないようにし、粗熱が取れたら取り出してしっかりと水分を拭き取ります。

 

5 煮切り醤油にマグロを漬け込みます。時間は1時間~1.5時間程度を目安にお好みで調整してください。

 

 

次は「切り漬け」のやり方、こちらは「サク漬け」より簡単です。

1 マグロをそぎ切り(刺身のような切り方ではなく、お寿司のネタのような切り方)にします。

 

2 煮切り醤油に漬け込みます。時間は10分程度でお好みで調整です。以上、簡単です。

マグロの漬け方で、実は美味しいのが塩漬けマグロ

何を隠そう!実はサバ科に属するマグロ、あまりメジャーではありませんが塩で漬けても美味しいんです。

塩味を感じさせない程度に軽く漬けても、身のネットリ感と旨味が増しワンランク上のマグロのような上質な味わいになります。

しっかりと漬けて一晩寝かせると生ハムのような感じになり洋風の一皿にも相性抜群です。

では作り方のご説明です。

1 サクのままのマグロに塩をすり込みます。全体が白くなる位たっぷりと塩を使ってください。

 

2 軽く締めてお刺身で食べたい場合は5分から8分(サクの大きさや身質によってですが)、しっかりと漬ける場合は15分から20分おきます。

 

3 塩を流水で洗い流し、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。

 

4 ラップで包みしばらく冷蔵庫で寝かせます。

浅漬けの際は30分くらい、しっかりと漬けた場合は5,6時間寝かせます。

しっかりと漬けたものは、ネットリ感がかなり強いので、包丁を濡らして切ると良いでしょう。薄めのそぎ切りがお勧めです。

漬けマグロを使った料理いろいろ

マグロの漬け方をマスターしたら、料理の幅が広がりますよ!くた、これまでのマグロの料理が一層美味しくなります。

マグロ山かけ

マグロと山芋を和えた定番の一品ですが、漬けマグロで作ると別物のおいしさ。

サク漬けしたマグロ(醤油漬け)を1.5~2センチ角に切って器に盛り、煮切り醤油を少々かけます。その上にすり下した山芋をのせ、天にワサビ・もみ海苔(青のりでも美味しいです)を添えます。お好みでうずらの黄身もお勧めです。

 

マグロ納豆

こちらも定番ですが、マグロそのままだとやや生臭みを感じてしまうことも。漬けマグロなら純粋に旨味を味わえます。

漬けマグロ(どの漬け方のマグロでも合います)を小さめのそぎ切りにして納豆と和えます。納豆に付いているタレよりも醤油のほうがおいしく頂けます。

山かけ同様、うずらの黄身やもみ海苔を添えても美味しいです。

 

塩漬けマグロとトマトのカルパッチョ

薄くスライスした塩漬けマグロとトマトを交互にお皿に並べていきます。味付けはオリーブオイルと塩・胡椒のみのシンプル料理

お皿の中央に刻み玉ねぎ、しそ、カイワレなどお好みの香味野菜を配し、マグロで巻きながら食べるのがお勧めの食べ方です。

または、アボガド・モッツァレラチーズや葉もの野菜と一緒にサラダ感覚で食べるのも美味しいです。

 

マグロ茶漬け

醤油漬けのマグロを使います。サク漬けのマグロの場合は山かけの時と同じように1.5~2センチ角に、切り漬けの場合は一切れをさらに半分にそぎ切りします。

茶漬けの出汁は、出汁・酒・醤油・みりんを30:1:1:1に塩少々で、ここに緑茶のティーパックを入れるか、15:1:1:1と塩で作って急須で入れたお茶と同割で注ぎます。

ワサビ・もみ海苔・白ごまなどをお好みで天に盛ってください。

 

まとめ

マグロの漬け方やお料理のことまでご紹介しました。

生のマグロとは一味違った漬けマグロで食卓を美味しく・楽しく演出してみてください。